理想の土地に巡り合いたい!土地探しのポイント・見極め方・業者に依頼する際の注意点をご紹介します

絶対に押さえておきたい土地探しのポイント

土地探しをする場合は、たいてい不動産会社を利用して条件に合う物件を探してもらうことになります。
しかし、手放してもいいと考えている物件が必ず売りに出されているとは限りません。
特に急いで処分する理由が無い場合は、何もせずに放置している場合も珍しくないです。
街を歩いていて条件に合った空き地を見つけても、売却物件になっていなければ諦めるしかないのかというと決してそうではありません。
地主を探して直接交渉してみると、意外と簡単に交渉に応じてくれることもあります。
地主は近隣住民に聞くと教えてくれることもあります。
空き地になっている場合は近くに住んでいても所有者が誰なのかは知らない場合もありますが、法務局に行って登記簿を確認すれば知ることが出来ます。
所有者を知ることが出来れば、連絡をとって土地を購入したい旨を告げて交渉を始めることになります。
必ずしも不動産会社が扱っている売り物件だけが土地探しの対象ではないことを知っておくことが大切です。

土地探しは未公開土地から行う方法もあります。

売りに出ている土地などの不動産は一般的にはポータルサイトに公開されています。
しかし、物件の状態や売主の事情により公表されていないものも少なくありません。
例えば、広告を出すまでもなくすぐに取引が行われるような優良物件であったり、売主が近隣住民に知られたくないという事情を抱えている、あるいは一般媒介契約であるなどが未公開になっている理由です。
ちなみに、一般媒介契約はレインズの登録が義務付けられていません。
そして、全体の2割程度が未公開土地として扱われているとも言われています。
土地探しを行う際、未公開土地を検討するメリットは優良物件に出会える可能性があることや、レインズに登録されている土地に比べると競争率が低いことが考えられます。
一方で、物件の数が全体の2割程度と絶対数が少ないので未公開物件に限定して探すとなかなか希望に合う土地が見つかりにくいことや、優良物件が多いゆえにライバルの数は少なくとも契約したいという他の利用者がすぐに現れる可能性が高いことなどがデメリットです。
公開物件と未公開物件をバランスよく検討することがポイントになるでしょう。

土地に関する情報サイト
土地探しのポイント

このサイトでは、日ごろから理想の土地に巡り合いたいと考えている人のための土地探しのポイントや見極め方及び業者に依頼する際の注意点を詳細に紹介しています。一般の人にとっては理想の物件を見極める事は非常に難しいものであり、ほとんどの場合には業者に依頼することも多いのですが、その場合でも自分自身で様々なポイントを理解していなければこれらを見極めることができません。このサイトではこれらの方法などを詳細に紹介するとともに、必要な知識を効率よく得ることができる方法なども詳しく紹介しています。

Search