理想の土地に巡り合いたい!土地探しのポイント・見極め方・業者に依頼する際の注意点をご紹介します

土地探しで失敗したくない方必見!良い土地かどうかを見極めるポイント

土地探しを行なう際には、立地以外にも様々な方面からの分析を行なう必要があります。
家屋を建てることを前提に購入する以上、市街化区域であることは欠かせません。
都市計画の観点以外に、生活インフラに関する設備が構築されているかも、土地探しをする上での重要なポイントとなります。
駅から近かったり、商店街が近隣に見られたりといった、生活の利便性でのみ判断するのではなく、包括的な判断を心がけることが大切です。
住宅メーカーの中には、土地探しを代行するところも少なくありません。
自分の足で探していくのでは、細かな部分に到るまでを確認出来ないことも有り得ます。
長きに亘って物件を見てきた専門家であれば、イメージする家屋を建てられる土地であるのかを瞬時に判断することが可能です。
物件選びの際のポイントには、どの程度の接道が備わるかも挙げられます。
車での乗り入れを問題なく行えなくては、住み始めてから不便に感じてしまうことに繋がります。
物件探しの際には、建築に関する専門家に同行してもらった方が良いのです。

土地を購入するときには各種の手数料がかかります。

"

マイホーム建築などを目的に土地を購入する場合、いくつかの種類の手数料がコストとしてかかります。
全体の予算額にも影響を与えるので、代表的な種類を確認しておきましょう。
まず不動産会社に支払う仲介報酬をあげることができます。
不動産会社は売主と購入希望者をマッチングするために、広告活動を行ったり円滑に購入できるように各種のサポートを提供しています。
このような活動への成功報酬の趣旨で支払うもので、土地売買代金の3%(別途消費税)+6万円がかかります。
土地建物完成後は、住宅ローンを担保するために金融機関を債権者にして抵当権設定登記を法務局に申請することになるわけです。
この手続きの専門家である司法書士への報酬も手数料のひとつになります。
ホームメーカーなどではお抱えの司法書士などが窓口になって書類を押印するなどを要求されるはずです。
これらもあまり意識されないものの付帯費用に組み込まれており、火災保険料や団体信用保険などと並んで必須のコストになります。

"
土地に関する情報サイト
土地探しのポイント

このサイトでは、日ごろから理想の土地に巡り合いたいと考えている人のための土地探しのポイントや見極め方及び業者に依頼する際の注意点を詳細に紹介しています。一般の人にとっては理想の物件を見極める事は非常に難しいものであり、ほとんどの場合には業者に依頼することも多いのですが、その場合でも自分自身で様々なポイントを理解していなければこれらを見極めることができません。このサイトではこれらの方法などを詳細に紹介するとともに、必要な知識を効率よく得ることができる方法なども詳しく紹介しています。

Search